空に向かって拳を突き上げる男性の手

レビトラと副作用は同じ?

ノートにメモをとる男性

通販で買えるバリフは、病院からED治療薬として処方されるレビトラと有効成分が同じジェネリック医薬品です。
そのため、ほぼ同じ効果を得られることで知られます。

それなら服用したあとに起こりやすい副作用も、同じといえるのでしょうか。
レビトラとバリフの働きからみえる副作用を比較してみましょう。

レビトラは他のED治療薬と同じようにPDE5阻害薬とも呼ばれていて、男性器への血流を増加させることで、性的な刺激を受けたり興奮したときに勃起しやすい状態にしてくれる作用をします。

同時に勃起状態を維持する作用ももっていますが、成分の違いや個人差によって持続時間に違いがあるのです。
このように血流を促進させることから、血行が関係する頭痛や動悸・鼻づまり・ほてりなどは比較的副作用として多く報告されているといいます。

そしてバリフはレビトラと同じ有効成分を持つジェネリック医薬品なので、副作用も同じような症状が起こりやすいでしょう。
副作用は数時間で落ち着くことがほとんどですが、持続時間が過ぎても副作用が続いたり症状が悪化した場合には無理して我慢せずに、病院を受診することをおすすめします。

また稀に普段の光が強い光に感じたり、青い眼鏡をしているように周囲の景色が青くみえたり、青と緑の区別がつかなくなるなどの視覚異常があれば、専門の病院を受診しましょう。

副作用を起こりにくくするには、正しい用法・用量で服用することと、慣れていないときなどは半分にカットして飲むなどの工夫もおすすめです。
さらには飲み合わせが悪いグレープフルーツを含むジュースなどで服用しないためにも、バリフを飲むときは水またはぬるま湯にしましょう。

効果とともに副作用もほぼ同じですが、レビトラでは副作用が起こっても一部の成分の違いからかバリフでは起こらなかったというようなこともあるので、自分自身に合う種類を選ぶことが大切です。